『スクリーン』

『スクリーン』(2003年、SBS)

d0013536_1171257.jpg


あらすじ…
映画監督の父キム・ジョンウが社長を務めるソクヨン劇場の一人娘として生まれたキム・ソヒョン(キム・テヒssi)は、幼い時に母親を亡くしながらも明朗活発で創意的な感受性の持ち主として育った。しかし、彼女が14歳になった時、突然劇場は買収され、家を追い出されてしまう。そして11年後、ソヒョンはシナリオ作家志望として、映画館に入社することに。入社した映画館で同級生のソン・ユラ(オ・スンヒョンssi)と再会。ユラは何かとソヒョンを目の敵にしていた。一方ソヒョンと助監督ジュンピョ(コン・ユssi)は、家主と契約が上手くいかず、仕方なく“同居でない同居”をすることに…。やがて大富豪の息子パク・テヨン(パク・ジョンチョルssi)も巻き込んで、4人の若者が映画制作に情熱をもやす。

DVDのパッケージ?を見た時コン・ユssiとキム・テヒssiの二人が写っていたので二人が主役なのかな???と思っていたらちょっと違いましたね…。
これって日本で売れるためにこうしたのかしら???



久し振りに見ましたよ~!!オ・スンヒョンssiとパク・ジョンチョルssi。
オ・スンヒョンssiは以前見た『白雪姫』のヒウォン同様またムカつく女。
やっぱりユラのような女は嫌いだぁ~!!
パク・ジョンチョルssiも以前見た『純粋の時代』以来久し振りに目にしました。
パク・ジョンチョルssiと言うと『ホテリアー』の方を思い浮かべるかもしれませんが、私は『純粋の時代』のトンワorドンファ?役が印象に残っています。
何気にちょっと気になっていたので今回『スクリーン』に出演していて嬉しかったです♪
テヨンが上司だったら仕事が頑張れそう!!

ドラマを見ていて思ったのですが…キム・テヒssiって美人ですね…。

このドラマって、ハラハラドキドキという感じではなく何も考えずにゆるりと見れるドラマでした。
たまにはこんなドラマも良いかもね…。
でもでも、納得がいかないのは最後の方がイマイチ。
最後はぎゅうぎゅう詰めにして解決!?
「えっ!!終わり???」って感じでした。
視聴率が悪くって途中で打ち切りだったんでしょうかねぇ~???分かりませんがもう少し最後の方を丁寧に扱って欲しかったかなぁ~と思いました。

スクリーン DVD-BOX
[PR]

by leo_leo21 | 2008-09-03 13:31 | 韓国ドラマ